ホーム交通機関観光食べ物言語旅行で役立つ知識文化 / 慣習 / 規則

【鳳梨釋迦(アテモヤ)】探してでも食べるべき絶対おすすめフルーツ鳳梨釋迦(鳳梨釈迦)!

掲載 : 2018.12.17
更新 : 2018.12.18
[日韓交流] 韓国人と交流しませんか?
鳳梨釋迦(鳳梨釈迦)
鳳梨釋迦(鳳梨釈迦)
それは、台湾の士林市場の屋台でのこと。得体のしれないフルーツの試食をすすめられ食したのがきっかけでした。何コレ!?美味しすぎる!!

その名は「鳳梨釈迦」。台湾の漢字(繁体字)では「鳳梨釋迦」と書きます。美味しさに感動した私が後日また買い求めた代物です。皮をむく前の元の姿と果物名を把握しておかなきゃ!と、お店の人に念を押して確認したくらい味に感動しました。

見たことも聞いたこともない果物

「鳳梨釈迦」は台湾名で、日本語ではアテモヤと呼ばれています。
鳳梨釈迦
鳳梨釈迦
「鳳梨釈迦」は、フロリダで2つの果物を交配して品種改良されたものだそうで、品種名になります。その交配した2つの果物はこちら。
釋迦
釋迦
チェリモヤ<br />出処:Wikipedia
チェリモヤ
出処:Wikipedia
「釈迦頭(しゃかとう)」と「チェリモヤ」です。台湾では「釈迦頭」を単に「釋迦」と表現しますが、ここでは日本式で「釈迦頭」と記載します。
台湾の「鳳梨釈迦」は1968年にイスラエルから導入され、1990年代ごろから急速に栽培が盛んになりました。2008年以降は台湾の主要輸出フルーツであったパイナップルやマンゴーなどを相次いで抜き、台湾トップの輸出額となったそうです。

「鳳梨釈迦」の9割が海外へ輸出され、台湾国民が口にする機会はあまり多くないと言われています。現に、私の台湾人の友人2人は「鳳梨釈迦」を知りませんでした。

鳳梨釈迦、名前の由来は?

「鳳梨」とは中国語で「パイナップル」のこと。つまり、「パイナップル釈迦」。食感や風味がパイナップルに似ていることから台湾では鳳梨釋迦(パイナップル釈迦)と言われているそうで、「パイナップル」と「釈迦頭」の交配種ではありません。

鳳梨釈迦の旬の時期は?

台湾での鳳梨釈迦の旬は11~3月です。

「釈迦頭」と「鳳梨釈迦」の味の違いは?

熟したものはどちらもねっとりとクリーミーで非常に甘いのは同じですが、「鳳梨釋迦」は甘味だけでなく程よい酸味と芳香があります。

「釈迦頭」と「鳳梨釈迦」の価格の違いは?

「鳳梨釈迦」は「釈迦」に比べて栽培可能期間が12月から2月迄と短く、栽培自体も難しいため高級品種とされています。

私が台湾に行ったのは11月中旬でした。このとき、「釈迦」はよく見かけましたが、「鳳梨釈迦」は多くありませんでした。収穫時期の問題か、輸出メンイで国内での販売数が少ないからかは分かりません。

では、1個当たりの価格を比較してみます。(台北市内)
大型スーパー「カルフール」(2018.11.22)<br />左:釈迦頭169元(約620円)<br />右:鳳梨釈迦288元(約1,060円)
大型スーパー「カルフール」(2018.11.22)
左:釈迦頭169元(約620円)
右:鳳梨釈迦288元(約1,060円)
鳳梨釈迦が1.7倍くらい高いですね。ちなみに、台湾でカルフールはあまり安くないスーパーです。次は夜市の屋台で見かけたものです。1箱6個入りの価格です。
饒河街夜市の屋台(2018.11.21)<br />左:鳳梨釈迦 1000 → 900元<br />右:釈迦 900元
饒河街夜市の屋台(2018.11.21)
左:鳳梨釈迦 1000 → 900元
右:釈迦 900元
1個当たり150元(約550円)ですね。

では、カットフルーツの価格はどのくらいでしょうか?これらはどちらも鳳梨釈迦です。容量が違うので単純比較できませんが台北101が高いように思います。
台北101<br />279元 → 179元(約660円)
台北101
279元 → 179元(約660円)
カルフール<br />99元(約365円)
カルフール
99元(約365円)
  1. 台北101は果物に限らず全ての商品が高いです。果物を食べるなら地元のスーパーや夜市の方が安いと思います。

「釈迦頭」と「鳳梨釋迦」の見分け方

あまりの美味しさにまた食べたくなった「鳳梨釈迦」。ところが、「釈迦頭」と「鳳梨釋迦」は皮をむく前の見た目がよく似ていて見分けるのに苦労しました。
鳳梨釋迦<br />皮表面の凸凹は1枚につながっている
鳳梨釋迦
皮表面の凸凹は1枚につながっている
釋迦頭<br />皮の表面はうろこ状ではがれやすい
釋迦頭
皮の表面はうろこ状ではがれやすい
もちろん、今は見分けることができますよ。「鳳梨釈迦」は表面にニュッとツノが出ているような感じ、「釈迦頭」は全体が丸く鱗片がポコポコした感じがします。

ただし、皮をむいてしまうと見分けにくいと思います。どちらも果実は白く大きな黒い種があってそっくりです。 [日韓交流] 韓国人と交流しませんか?
#鳳梨釋迦 #鳳梨釈迦 #アテモヤ #果物 #台湾フルーツ #おすすめフルーツ #デザート #値段 #価格 #高級フルーツ #カットフルーツ #カルフール

  • 【果物名一覧】果物名、台湾での漢字表記(繁体字)は?
    台湾には珍しい果物がたくさんあります。台湾で使用されている漢字(繁体字)ではどう表記するのでしょうか?ここでは代表的な果物名をまとめています。
  • 【鳳梨釋迦(アテモヤ)】探してでも食べるべき絶対おすすめフルーツ鳳梨釋迦(鳳梨釈迦)!
    アテモヤをご存知ですか?台湾では鳳梨釋迦と呼ばれる高級フルーツですで、甘くて程よい酸味があるクリーミーな果実です。
  • 【釋迦(バンレイシ)】2018年、日本に輸出が始まった台湾フルーツ釈迦(しゃか)
    お釈迦様の頭のような見た目の釈迦はクリーミーで甘味の強い果物です。
  • 【蓮霧(レンブ)】水分が多くさっぱりとした味の果物、レンブ
    日本では通常見かけることがないレンブ。みずみずしく暑い季節にぴったりの果物です。
  • 【火龍果(ドラゴンフルーツ)】台湾で樹上完熟したドラゴンフルーツ(ピタヤ)は甘いのか?
    見た目のインパクトとは裏腹に甘味が少なくあっさりした味のドラゴンフルーツ。台湾なら甘いものもあるのでしょうか?
  • 【百香果(パッションフルーツ)】甘酸っぱい果物「百香果」、追熟させて食べると甘味が増す
    パッションフルーツの食べ方、品種、食べごろなどをまとめています。
All copyrights by MoreTaiwan.com 機能改善、追加の問い合わせはltoolnet@daum.netへお願いします。